• shopping cart

2023/12/05 18:37

こんばんは。




今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。



気持ちがそわそわし忙しい日々が続いてるかと思います。





そんな中ですが、



わたしは12月に1年のジュエリーの汚れを



クリーニングするのが毎年恒例になりつつあります。








何も考えず、無心で磨けるので



忙しい日々の現実逃避におすすめです。








まず、CAKIのジュエリーはメッキを施していません。(ゴールド色を除く)



メッキをかければ変色は防げるのですが、



シルバー本来の色が好きなのでメッキを施さない選択をしています。





シルバーは皮脂や汗などに反応し「硫化」が原因で黒ずんでしまいます。



「硫化」してしまうと水で洗っただけでは落ちません。



そこがシルバーを買う際にネックになる方も少なくないと思います。







ですが、普段のケアで防げたり、変色しても自宅で簡単にクリーニングできます。



変色してきたら、綺麗にしてあげなきゃな〜。と世話が必要なシルバーは



愛着が湧いてきます。



そこがシルバーの魅力の一つでもあります。








そこで、いつもやっているクリーニング方法を



シェアしたいと思います。



簡単なので、ぜひ試してみてください。



(シルバーでも、燻加工やメッキが施されてるジュエリーなどにはやらないでください。)









①市販のシルバークリーナー液で変色を除去


重曹を使用した方法などもよく見ますが、こちらが一番早くてお手軽です。


ネットでも購入できますし、値段もお手頃。


また狭い溝などの変色やチェーンにも効果があるのでおすすめです。


※素手で使用できなかったり宝石などには使えないので使用上の注意を製品でご確認ください。







②シルバー磨きクロスで磨く


クリーナー液に浸けたあと、黒ずみは薄くなりますが、表面が白くモヤっと上がります。


全体をクロスで磨くことで鏡面が復活してきます。










③中性洗剤をつけてお湯で流す


最後に汚れを落とすために中性洗剤をつけ軽くこすりながら


お湯で流します。


柔らかい歯ブラシなどを使って細かい溝などを磨くのも良いです。







以上の工程で見違えるほど綺麗になります!






時間も5分くらいでできるので



是非参考にしてみてください。









また、深い傷などはお仕上げ直しのお修理として承っております。




お困りの際はinfo@caki.jpまでお気軽にご連絡ください。









最後までご覧いただきありがとうございます。





CAKI長尾


Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。